こだわりの素材

天然植物繊維[リヨセル・モダール・マイス・バンブー]

天然植物繊維[リヨセル・モダール・マイス・バンブー]

地球に優しい素材として知られる天然植物繊維。美しい光沢と柔らかな肌触りをはじめ、優れた吸湿・吸水・放湿性を備えているほか、他の繊維と比べて湿気を移動させやすいなどの特長があります。
有害な薬品を一切使用していないため、お肌にも環境にも優しい素材として注目を集めています。


シェーンベルグのリヨセル・モダール・マイス・バンブー

木や果実などの植物を原材料として作られた天然植物繊維には、「テンセル」や「バンブー」など様々な種類がありますが、シェーンベルグでは主にオーストリーのHEFEL(ヘッフェル)社、FUSSENEGGER(フッセンネガー)社などの
リヨセル、モダール、マイス、バンブーを素材とする商品を取り扱っております。

天然植物繊維のエキスパート、HEFEL(ヘッフェル)社

HEFEL社ロゴ

当社は、「数あるメーカーの中でも、最も細番手の糸で生地を織れるのはここだけ」といわれるほど、技術力の高さには定評があるHEFEL(ヘッフェル)社の日本総代理店です。


HEFEL社ロゴ

HEFEL(ヘッフェル)社のリヨセルは、天然植物繊維を100%使用しており、非常に丈夫で軽く、優れた通気性を備えているため、羽毛ふとんの側生地に最適の素材として重宝されています。

また、ヨーロッパの厳しいエコロジー基準をクリアした国際ECOTEXマーク適用品としても知られています。


天然植物繊維(リヨセル・モダール・マイス・バンブー)の基本素材

天然植物繊維のうちリヨセル・モダール・マイス・バンブーの特長についてご紹介いたします。

リヨセル

リヨセル

ユーカリの木を原料とする天然パルプから生まれた植物系繊維です。
樹木から採れるパルプを原料に、製造工程において高度な処理を行いますが、合繊ではなく、薬品は使用しておりません。
繊細で高級感のある質感や、適度なハリ・コシ、自然な膨らみ感、ドレープ性、ソフトさといった特性を持ち併せているほか、吸湿性と洗濯後の寸法安定性においては、コットンを上回るとも言われています。


モダール

モダール

ブナの木を原料とする天然パルプから生まれた植物系繊維です。
シルクのようなツヤと肌触りの良さ、しなやかな風合いがあります。
また、100%天然セルロース繊維のため、吸湿性に優れ、洗濯をしても風合いが損なわれません。
リヨセルよりも柔らかな風合いから、様々な用途に幅広く用いられています。

マイス(コーンファイバー)

とうもろこしの実を絞って作られた繊維です。リヨセルやモダールと違い、綿(ワタ)にした時にかさ高性があるため膨らみが生じ、弾力に富んだ心地よい使い心地をお楽しみいただけます。また、耐久性にも優れているため、夏用のベッドパットや、肌ふとんの中綿の素材として使用されています。もちろん、吸湿性や洗濯耐久性はリヨセルやモダール同様、大変優れています。

バンブー

竹を原料として作られた植物繊維です。     
リヨセルやモダールと同じ特長を持ちながら、竹独自の防臭性もあり、汗かきの方に大変喜ばれる素材です。